カテゴリー別アーカイブ: favorite

スーパーフードとスムージー

sf3791旅に出ればちょっと値は張ってもせっかくなので美味しいものを食べたい。が、今回はあちこち移動していたため時間のタイミングが合わず、事前に色々調べていたのにあんまり行けませんでした。

これがイナカモノあるあるなのか、方向音痴あるあるなのかな?電車移動である程度時間が読めるかと思えば大違い。電車に乗ってる時間は良いとして、着いてから目的地にたどり着くのにエラい時間を食うのです。まず駅のホームから出口までが遠い!地下2階の位置に相当するような駅も多いし、エスカレーターとかあればまだマシなんだけど、ないところも結構あるし。そういうのは路線図とか乗り換えアプリなどではわかんない。なんかいつも階段昇り降りしてゼェゼェ言ってる感じ。普段は車ばっかりだから体力ないし、てのもあるだろうケド(○のせい、とは言わない)。当然、ナビアプリあっても迷うのがワタクシなのは言うまでもない(でもナビアプリは助かる。歩きスマホにならないよう気をつけてる)。

sf3789sf3925私の食事はだいたいオーガニックやヴィーガン寄りなのだけど、今回は話題になってるスーパーフードが食べられるカフェとかレストラン中心でサーチ。あとおしゃれで健康キレイコンセプトのスムージーのお店って増えてませんか。気になるところがいっぱいあって毎日スムージー飲んでました。東京は乾燥がハンパない、って感じで喉の調子は良くなかったけど、そのスムージーのおかげかず〜っとお肌はツヤツヤだったような。まぁお値段は結構するので(1杯1000円近くするヤツも)普段毎日は無理だね〜。それにスムージーってけっこうボリューミーでお腹にたまる。そうすると食事がとりにくくなるんだよね・・スィーツ関連もテレビの情報番組なんかで美味しそうなのをしょっちゅう紹介されてるから食べてみたい!となるのだけど、そうすると食事が取れなくなるので悩みどころ。スィーツでお腹いっぱいになるのはもったいないので、いつも結局食べられない(T-T)。悔しいけどしょーがない。

sf3846
こちらは恵比寿のスーパーフードのカフェで。アボカドとサーモン、温玉の丼物?下には玄米、上にはひまわりの種っぽいのがふりかけられてました。エディブルフラワーというのも初めて食べたなぁ。この日はお昼を食べ損なっていたのでスムージーも一緒に頼んだった。アサイとベリーその他色々入ってたみたい。

sf3927
こちらはスーパーフードではないけどミッドタウン日比谷のコスメ系キッチンで食べた「一汁五菜」。魚やお肉は使われていません。ジャガイモのフライ?がねっとりで、ちょっとピリッとした青菜のソースが合って美味しかった〜。お味噌汁はみぞれ仕立て、みかんがデザートかと思ったら人参が隠れてて酢の物でした。温玉の下は白ネギのソテー。そんなに量あるように見えないのに結構お腹いっぱいになりました。この上に「一汁九菜」というのもあって迷ったのだけど、コレでちょうど良かったです。

mth3928しかし。普段は地方の田舎にいて、ほとんど引きこもりみたいに仕事してるので、都会のこういう場所はホントに眩しい、というか煌びやかすぎて目眩がする・・(どこ行っても心の中でほぇ〜〜と見上げてしまうですよ・・イナカモノのサガですな)。しょっちゅう来ていればまた違うのだろうけど、今の私にはたまに心のサプリみたいな感じかな〜。

メッツァビレッジ

mv3866

ここもたまたまネットで見つけて、ちょっと遠いけど面白そうと思って行ってみました。
北欧をテーマにした施設の中に雑貨屋さんやカフェがあって、いかにも女性が好みそうな感じ。場所は埼玉県飯能市、都内から電車で1時間半くらい(池袋からなら約50分)。そこからさらにバスで10分くらいでした。3月中旬にはムーミンバレーパークがオープンするので最近はテレビでもたまに紹介されてますが、私はまぁそっちはどうでも良いかな。

mv3854ところで関東ではこの前日夜に雪が降りましてね。それでなくとも今回の東京めっちゃ寒い!こちら山陰の方は毎年雪で大変なのだけど今年はちっとも降らないし例年より寒くもない。なんなら東京の方が雪多いんじゃ?ってくらい。寒くないのは助かるけど、ちゃんとした冬!ってのがないと、それはそれでかえって心配なような。
とにかくその雪のせい?でこの日の朝、宿から最寄りの駅は封鎖されてしまい隣の主要駅まで20分歩くハメに・・もう雪なんか跡形もなかったのに!寒いけど晴れていたのに!都会、雪に弱すぎぃ!!

が、この施設付近はもっと寒かった・・。宮沢湖という湖に面してましてね。私の住んでいる場所も湖沿いなので同じなのですが風がすごく強く、寒さに拍車・・。着いたのが11時くらいだったんですが道、凍ってるとこあるし。

mv3860メッツァは気候の良い季節ならきっと楽しい場所です。今はちょっとシーズンオフという感じ。所々にあるショップ施設やレストランはとてもオシャレでキレイだし北欧らしくセンス良くて雑貨好きの人には堪らないところでしょうね。うっかり中の写真は撮り忘れてしまいましたが。

マリメッコとか色使いがかわいくて好きだし、いいなと思う北欧ブランドのマグカップとか食器とか買いたかったけど、帰りの荷物が重くなるし・・と今回はヤメときました。
見てると欲しくなるのがなぁ・・残念。

mv3861ここでもチームラボのアートが。
夜限定だったので今回は見ませんでしたが。

京都・和硝子

kg3378今年の2月にクライアントさんのお手伝いで関西に行ったのですが、ついでに行けるところをサーチして見つけたのが京都・祇園の和硝子ギャラリー。着物地や帯地を特殊な技法によってガラスで挟んだアートにものすごく心を奪われました。

素材の一部を硝子に閉じ込めているので一つとして同じものがなく全て一点物。着物だけでも日本文化や伝統の重みを魅せる素晴らしいものですが、それをさらに美しく価値あるものに高める技術。大切なものを褪色させずに保存する、という意味もあるらしい。人の創造力というのは限界もゴールもないのだなぁと思わされます。普通にただ硝子に挟むだけでは素材が濁ったりするのですが、着物とガラスの間に特殊なシートを何重にも入れて独自の製法で焼き付けているらしい。特許もとっているそうな。

kg3377kg3394と、これも放置していたトピックなのですが、ここに書くのでサイトを見ようとしたら・・なんと、このギャラリー8月に閉店しておりました。サイトのデザインもすごく美しかったのですがもう見られないみたいです。残念。インスタは残っているようですが、これもいずれなくなるのかなぁ。

kg3396kg3402とにかくどのアートを見てもため息ものだったのです。欲しいものがいっぱいで、でも結構なお値段なので迷いに迷って1点だけ小さいのを買いました。そのまま飾ってももちろん良いのですが、サイトではお料理を乗せるなどお皿として使う、みたいなのが掲載されてたと思います。私が買ったのは小さいので、お料理よりも和菓子とかちょっと上等なチョコレートなど乗せるのに良さそう。インテリアとしても色々な使い方ができそうなのですが、(こういう仕事をしている者としてどうかとも思うのだけど)私の創造力?はこういう方向にはなかなか向かないらすい・・結局まだそのままです。

kg3406kg3407

とまとプラス

食べ物の話ばかりでナンですが。今回マンガからのネタです。
電子書籍が登場してから無料で読めるマンガやお試し読みなんかもすんごい増えた感がするのですが、読んでみると結構面白いのですよ。「マンガ飯」「作ってみた」系のブログ記事も山ほどありますよね。親切にレシピの入っている漫画もいっぱいあるので、自分の好みに合う美味しそうなのがあると作ってみたくなるのですよねぇ。

冒頭「今回は・・」と言いつつ、前回の大豆出汁も実は元ネタは漫画だったりする・・てへ。が、今回は料理とも言えないようなもんですが。昨年映画にもなった「海街diary」に出てくる「とまとちゃんつぶし」というのに無性に魅かれまして。トマトの粗つぶしとリンゴのすりおろしをただ混ぜただけなんですが、ありそうでやらない組み合わせ。どんな味なのか、、と思ってやってみたらすんごいウマかったのですよ。リンゴだけのすりおろしよりトマト混ぜたほうが断然美味しい!分量は書かれてないですがリンゴの比率が多いらしいのでリンゴ3トマト2ぐらいで作りました。でも1:1でもいいような気もする。普通にオヤツでもいいし、作中にありますが風邪なんかで体調悪い時とか悪阻のある妊婦さんにも良さそう。

・・・私は悪阻の経験もないし、風邪は25年以上ひいたことないが。

これはバナナ+トマト

これはバナナ+トマト

で、ふと思ったのですが。コレ、リンゴじゃなくて他のフルーツにも合うのでは?と、手始めにバナナと合わせてみました。普段あんまりバナナって食べないんですが(水分少ないし甘さがくどい気がして)、これが当たりーー。バナナがさっぱりしたスイーツに。まぁ見た目はイマイチですが。リンゴもだけど時間が経つと色が悪くなるので、すぐに食べるかレモン汁など入れる方が良いようです。夏は凍らせてアイスにしても良いかも。

トマトは料理にはよく使うんですが(主にスープとかカレー、生でサラダにも)スイーツやデザートに使うアタマはなかったなー。トマトゼリーとか色々とレシピがあるのは知ってますが面倒だとやんないので。でもトマトって有能だね。

ところでオヤツ。マクロビを知ってからなんちゃってとは言え、卵や乳製品はほとんど買わないのですが、たま〜にプリンが食べたくなってコンビニなんかで買うことがあります。私は昔ながらの家で作るようなちょっと固めのプリンが好きなんですが、いつの頃からかとろける〜みたいなやわやわのが出てきて、いっそクリームかっ!!てのもあって、そういうのはまたやたらと激甘でこんなんプリンじゃねぇ〜〜と思うのですが。美味しそう、と買ってきたプリンがこういうタイプだった時のガッカリ感はハンパない。先日も買ってきたプリンがヤワいやつで、あぁあハズした・・と思いつつちょびちょび食べてたのですが・・ふと思いつく。・・・トマト。

いやいや、トマトプリンてのはあるけど、できてるプリンと生のトマトをそのまま混ぜるっていくらなんでもそりゃちょっとゲテモノっぽいんじゃね?でも。むむ・・どんな味になるか気になる・・で、果たして!!

・・・???

さっぱりした何か。なんだろうコレ、不味くなったわけじゃない。激甘なクドさがなくなったのは良いけどトマトの味もプリンの味もどっかいっちゃったような。

・・・うん、これは二度とやんないかな。

大豆出汁の利休汁

今年は暑くなるのが早いなぁ・・と暑さが苦手な私としては、今からこんなんでどうするかとムダに鬱々になってしまう。というワケでもないけどブログも放置するとマジでそれっきりになって「あの人は今」になってしまうだな。いかん。と思っても、やっぱり外が暑いと家に引きこもりがちになるワケだが。

daizu3155せめて食だけはしっかりしておかねば・・と、マクロビもここんとこあんまり話題にならなくなったみたいですねぇ。かくいう私も相変わらずそんなにきっちりとしてはいないんですがね。最近ネットで「大豆で出汁をとって作るお味噌汁」というのを見つけまして。これはマクロビでなく精進料理なのですが、なんかそれウマそう・・。

ちょうど実家に行く用事があり、大豆を貰いまして。それをフライパンでカラコロと炒って沸騰したお湯に入れ半日放置。この段階ではほんのり炒り大豆の香り。これがホントに出汁になんの?という感じ。そして大豆を引き上げ、適当な野菜を軽く炒めて出汁に入れ、お味噌を溶いて仕上げに白ゴマを。

ネットで見ると茄子を入れて八丁味噌を使う「利休汁」というのが一般的らしい。利休というのは、あの「千利休」からきていてゴマを使ったお味噌汁のことを言うようです。

rikyu3157daizuni3160で、この「利休汁」。私は八丁味噌でなく普通の合わせ味噌で作りましたが、大豆のコクと甘みがスゴイ!ゴマも香ばしい。ほわわ〜となって癒される優しい味わいです。白味噌みたいに甘くなるので八丁味噌を使う方が合うのかな〜?でも私はこれくらいのが好み。一日おくとさらにコクが出てました。うん、大豆を炒る手間はあるけど、これは大いにアリ、何度でも作りたくなる味ですね。出汁を取った後に残った大豆は、砂糖・酒・みりん・醤油で甘辛煮に。これがまたみたらしみたいな味でつまむと止まらなくなるくらいウマい!副菜にもオヤツにもなりますね。

精進料理というのも探すと面白く興味深いレシピがいっぱいあるのですよね〜。もどき料理とかじゃなくて、えっ?この素材がこうなるの??なにそれウマそーーみたいな。これから少しずつ試してみたいと思います。