寒波と酷暑、不自由と不養生、優しさと気付き

今回は今年初めにあったちょっとした修羅場を。

異常気象がすでにデフォとなりつつあるけど、今年は特にヒドいですよね。その上で降りかかる不運災難(って言うほどのもんでもねー今となっては)。自分にとっての負の出来事を笑いに変えるのにはかなりの時間とエネルギーを要するものですが。えぇ、もう笑ってもらって構わないんですが。

実は。今年初旬の大寒波の時にうっかり滑って転び半身打撲、とある箇所を「骨折」してしまいまして。正確には「骨が折れてズレた」んですが、数十年生きてきて初めてのこと。骨折ってこんななのか、痛いっちゃ痛いんだけど、それよりもチカラが入んない。診断では全治6週間。

不運なことが起きるとつい悪い方に行きがちなのだけど。現実は変わらないのにマイナス思考に陥る時点ですでに負けてる気がするので、何かのせいとか思いたくないんだよなぁ(まー自分のせいなのだが)。
ところがですね。ここが悪運なのか幸いに、なのか仕事には全っっっっっっったく支障はなくて。もし誰かの呪いでこうなったのなら呪いにしてもイマイチ詰めが甘いわ!みたいな。ただ車の運転ができなかったので打ち合わせに出向いて行けず、そこはすみませんと来ていただいたり電話やメールで済ませていただいたり(ありがたい時代ではある)。ほとんどのクライアントさんにはお知らせすることもありませんでした。けっこうな長期間だったのにな!
仕事以外でも不自由ではあるけれど、使えないなりに色々とできるように考えるし、人間とは工夫する生き物なのだなぁ、と思いましたわ。

しかもこれがまた「ネタでしょ?」というようなことなのですが。最初は骨折と思わず(捻挫のヒドイやつと思ってた)近くの病院で診察してもらってから初めてわかって、ギプスと包帯ぐるぐるにされ。「来週またレントゲン撮りに来てね」と言われたので1週間後に行きましたらですね。なんと病院、やってない(w)。とりあえず看護師さんはいらっしゃって、尋ねたら診てくださってた先生、急に入院されたのだそうな。そういうのってアリ??てか、あるんだ?まさに「医者の不養生」かよ(w)。
仕方ないので別の病院に行って、そこでまたイチから診察し直して。しかしレントゲンあると診察代が意外に高い。毎回厳しくなる懐事情。ダメもとで保険会社に問い合わせたら特約が付いてたらしく(知らんところがまた)保険金がおりまして(歓喜)、それで全治までほぼまかなえました。保険、侮れん。(けど、保険って収入になるので税金がかかる、というのを最近知った。どうなのだろう・・)

kyoto-okuni車の運転ができなかったので、何十年ぶり?に市内でバスに乗ったし(けっこう楽しい)、ギプスの包帯ぐるぐるの状態で実は関西出張にも行きました。元気じゃん。当然クライアントさんは「無理されないで」と言ってくださったのですが、自分が行きたかったもんで(w)強行。どこへ行っても見た目にハッキリとわかるので周りの人たちみんなが優しい。それはもう申し訳ないほどに。色々と殺伐してるこの時代に、こういうところは全く廃れてない。

今では骨折したことすら忘れるほどなんっっっともありまへんので。でもまた寒波の季節が近づいてるし。十分気をつけよ・・