チームラボ プラネッツ

tlp3904

tlp3897テレビやネットで紹介されているのを見て、チャンスがあれば絶対に行きたいと思っていたのです。実際に見て、これはクリエイターやIT、映像関連の人たちなら絶対見に行くべき!!と思いました。超巨大な映像と音のアート空間、そこに直接自分が入り込んでいくような感覚。デジタルなのに、いつまでもそこに居たくなる心地良さ。すごい、という表現が陳腐すぎてどう言えばいいのかわからないんだけど、今までに体験したことのない新しい世界観に完全に魅せられました。

チームラボのアートが見られるのは都内には豊洲とお台場の2箇所があって、最初どちらに行くべきなのか迷ったんですが(もちろん両方行ってもいいのだが)ネットで見ると豊洲の方が私向き?ただ水の中を歩く場所があって、基本的には裸足で膝下まで水に浸かるというのでちょっと躊躇したんですが、「見たい!」欲求が勝った(w)。また部屋全体が鏡になっているところがあって、スカートなんかだと床に映っちゃう!?可能性があるので服装は考える方が良いみたいです。ただハーフパンツを貸してもらえるのでその点も大丈夫(私も借りました)、至れり尽くせりだなぁ。チケットは事前にネットで買うようになっていましたが、当日行って残っていればその場でも買えます。入り口でスマホとカメラ以外の荷物を預けるようになっていて、スマホを入れる透明なケースを貸してくれます。中は迷路のようになっていて、導かれるままにアートの世界へ・・。

アート作品は全部で7つ。どこも無限に様変わりするので、ず〜っとその中にいて変化していくアートを眺めていたくなるのです。時間的にはあんまりゆっくりできなかったので程々で引き上げたんですが、だいたい皆さん2〜3時間、中には5時間ぐらいいる人もいるらしい。イルミネーションとかプロジェクションマッピングとかそういうのとも全く違う、こういう世界を創り上げられるのは本当にスゴイと思う。やっぱりスゴイとしか言えない。チームラボは東京だけでなく色々なところで見ることができるらしいのですが、またどこかで機会があれば見に行きたいなぁ。

※ちなみに豊洲のチームラボは2020年秋までの限定オープンだそうです。

光の渦の中にいるようです

光の渦の中にいるようです

向こう側に見えるのはワタクシです

向こう側に見えるのはワタクシです

半濁の水の中にいます

半濁の水の中にいます

お花や鯉が光のように泳いでいます

お花や鯉が光のように泳いでいます

花がプラネタリウムの星のように降り注いできます

花がプラネタリウムの星のように降り注いできます